home
HOME > 交通災害共済事業 > 交通災害共済とは












交通災害共済とは

「新潟県交通災害共済」は、車社会に入った昭和43年に設立されました。
思いがけない交通事故に遭われた被災者の方々に見舞金をさしあげるため、県内全市町村が共同で始めた事業で、県民一人ひとりが助け合う相互救済制度です。
その事務は、地方自治法に基づく特別地方公共団体である新潟県市町村総合事務組合が運営し、市町村と協力して行っております。


よくある質問


制度の趣旨は

「交通事故による被害から県民の暮らしを守るため」加入者の皆さまが交通事故による災害を受けた場合に、見舞金を受け取ることができる制度です。
また、新潟県交通災害共済は、営利事業ではなく、少額の会費で交通事故被災者を助け合う制度であり、住民の生活の安定と福祉の増進に役立つことを目的としています。


新潟県市町村総合事務組合
〒950-0965 新潟市中央区新光町4番地1
 Copyright(C)2006 新潟県市町村総合事務組合 All Rights Reserved. 個人情報保護方針